足立康史の経歴

足立康史は、維新の党に所属する衆議院議員です。1965年10月14日生まれ、大阪府出身。家族には妻と長男がいます。尊敬する人物として、同じ大阪府出身の高碕達之助の名前をあげています。大阪府内の高校を卒業後、京都大学の工学部に進学しました。高校と大学では水球部に所属しており、インターハイ出場やチームの主将を務めた経験もあります。京都大学大学院工学研究科の修了後、1990年に通商産業省(現在の経済産業省)に入省しました。資源エネルギー庁や中小企業庁へ配属された経験があります。1996年には、アメリカのコロンビア大学の国際関係公共政策大学院へ留学、修士課程を修了しています。2009年には、日本貿易振興機構(ジェトロ)のセンター次長としてベルギーの首都であるブリュッセルに駐在しました。2011年3月、経済産業省を辞職しています。

足立康史は経済産業省を離れたあと、みんなの党に入党します。大阪府第9選挙区の支部長として活動しましたが、2012年9月、みんなの党を離党しました。2012年11月に日本維新の会に参加、大阪府第9選挙区の支部長に就任、同年12月の衆議院議員選挙に日本維新の会公認候補として出馬し初当選を果たします。衆議院では、厚生労働委員会や東日本大震災特別復興委員会などに参加しました。2014年、日本維新の会の分党にともない、足立康史は維新の党に参加しました。維新の党では衆議院大阪府第9選挙区の支部長に就任し、党の政務調査会副会長も担当しています。2014年12月の衆議院議員選挙では、維新の党の公認候補として大阪9区で立候補しています。大阪9区では他の候補者に敗れましたが、重複立候補していた比例区では復活当選し、衆議院議員の2期目の活動が始まりました。2期目の議員活動では、厚生労働委員会、国土交通委員会などに出席しています。維新の党では政務調査会の副会長を引き続き担当しています。

足立康史は公式ホームページを開設しており、活動報告のほか、自らの意見を述べるコラムのコーナーを設けています。ツイッターやフェイスブックの足立康史公式アカウントが取得されており、情報発信が行われています。また、「足立やすし通信」と呼ばれる広報紙も作成されていて、地元での配布のほか公式ホームページで閲覧することができます。足立康史は、衆議院の議員会館のほかに、大阪府の茨木市と池田市に事務所を構えています。

足立康史
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/007.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. お金との付き合い方を考えることあなたはお金との付き合い方について考えたことはありますか?現代社会の中…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
ページ上部へ戻る