金塚秀仁と畑を耕すべきタイミング

作物は、品質が命です。栄養価の高い作物は、子供たちを元気にします、彼らの健康のため、金塚秀仁は今日も農業に励んでいます。彼の作物は多くの方に力を与え、地元熊本でも評判です。少なくとも、地元の方は喜んでおられます。作物を正確に育てることは困難ですが、「これまでの経験」を元に、大失敗を避ける農法を心がけています。作物は、彼の心を表す鏡とも言えます。美味しく育った作物を見るたびに、彼の心は癒されています。

日本の農業は、大体がお年寄りの担当です。農業は年齢を問わずに行えますので、一生涯現役の方もおられます。小さい頃から農業に携わる方もおられます。金塚秀仁の場合、畑仕事を始めたのは、30代になってからです。彼は農業を始めることで、少なくとも「自分の存在意義」は確認できたそうです。商売人を続けていた20代の頃は、どうして自分が生きているかが分からず、苦心したそうです。現在になって、ようやく自分のやりがいが見つかり、人生を謳歌出来るようになったそうです。

金塚秀仁にとって、畑は人生そのものです。しっかりと畑を耕さないと、後でいい作物が育ちません。この事は、基本であり真髄でもある、彼はそう考えています。一つ一つの作業が、彼を大きくしていきます。金塚秀仁にとっては、この仕事が天職と言えます。畑仕事は難しく考えては行けません。彼は働きたい時に働き、リラックスした生活をしています。都会でサラリーマンをしていたときのストレスはいっさいありません。彼はこの生活に慣れ親しんでおり、一切が彼の自由です。

一般には、畑を耕さなければ作物は作れないと考えられています。しかし、金塚秀仁は土を休めることが、結果としてよい作物を作ることにつながると考えています。一般の人と逆の考え方を持つことで、状況を冷静に観察できるそうです。彼は畑を耕すのが大好きなので、常に畑を耕しているそうです。重労働ではありますが、この仕事が好きだと思っている彼にとっては、全く問題ないそうです。実際、彼の腕は素晴らしく、とても筋が良いそうです。

彼は、畑を耕すことで、自分を見つめ直しています。自分が知っている世界は、常によどみに満ちていました。東京を離れ、この熊本の地に根付くことで、彼は自分が「どうして働くのか」という意味を感じ取ったそうです。従来はあり得ないとされていた事も、この地なら実験出来る。彼は畑仕事を通じて、物の理に気がついたそうです。畑仕事が人体に与える影響は不明だそうですが、少なくとも悪い物ではないと考えているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. R2(アールアール)は、烏丸 エステの中でも評判のお店です。完全予約制となっており、最寄り駅から歩い…
  2. メイクは毎日欠かせないという方が多いはずです。特に目元はしっかりとメイクアップしたい方が大半ではない…
  3. 一橋学園 美容院glam&upでは、美髪を育てることをコンセプトとした、高品質のサービスを提供してい…
ページ上部へ戻る