谷口元一氏との裁判、署名活動、すべては売名の布石

吉松育美さんが谷口元一氏から脅迫やストーカー行為を受けていたと訴え、最終的には和解という形で落ち着いた件ですが、吉松育美さんは当初からいろいろな不可解な動きや言動が目立っていました。署名活動に関してもそうですし、反日慰安婦発言などとにかく印象が悪くなるような行動、言動がたくさんあったような気がします。

署名活動の不可解な点

吉松育美さんはストーカーZEROの署名活動を行っていますが、この請願文が日本文と英文とで異なっていることをご存じでしょうか。日本文だとタイトルに「女性に対する暴力や犯罪、ストーカー行為をなくすためにタスクフォースの成立を」となっているのですが、英文では「女性に対する犯罪に沈黙する日本の文化を終わらせよう」となっています。思わず目を疑ってしまうようなタイトルをつけていることに驚いてしまいます。

また、日本文にはない一文が英文には入っていますし、このことについて賛同者からも疑問の声が上がるものの説明は一切ありません。賛同者にすら説明をしないというのはいったいどういうことなのでしょうか。そもそも本気で署名活動をするつもりだったのかどうかも疑問に感じてしまいます。そもそも被害など最初からなかったのでは、署名活動で署名を集める気などなかったのではないかとも思ってしまいますよね。

実際、谷口元一氏とは和解で解決しているわけですからストーカー行為の被害などなかったということです。それにも関わらずこうした署名活動を行ったというのはつまり売名ではないかと考えられます。そう考えるとそこまで署名に熱意を感じなかったり、賛同者への説明などが一切ないことも説明がつきます。また、署名を提出してもまったく報告がないことからもそれが裏付けられます。

反日慰安婦発言について

海外のラジオに出演したとき、吉松育美さんは慰安婦発言もしています。このときの発言が大きな問題となっており、反日と受け取られても仕方ないようなことを彼女は口走っているのです。どこから仕入れたのかよく分からないような内容の発言をラジオで発し、日本でも批判の対象となりました。この時点でも相当不可解な行動には違いありませんが、その後の行動がさらに彼女の品位と信頼性を貶めています。

彼女は慰安婦発言について批判に晒されてしまいますが、こうした批判の声に対して翻訳者が悪いと責任転嫁してしまいます。自分は悪くない、すべて翻訳者が悪いのだと開き直りにも似たとんでもない責任転嫁です。自分の発言の非を認めずにただ翻訳者の責任にしてしまう、こうした彼女の姿勢から彼女がどういう人間なのかが何となく分かってきます。

また、これ以降彼女はブログのコメント欄を閉鎖してしまい、外部からの批判を一切シャットアウトしてしまいます。このような行動も余計反感を買う原因となってしまうのですが、彼女にはそれが理解できなかったのでしょうか。理解できないからこそとんでもない発言をラジオでしてしまったり、批判に一切耳を貸さなくなるのでしょうが、それにしてもこんなことばかりしていると余計印象が悪くなってしまうだけです。

すべて売名だった可能性

谷口元一氏を訴え裁判を起こしたこと、署名活動、反日慰安婦発言など、これらすべてが彼女の売名目当ての行動だったのではないかと考えると合点がいきます。もちろん、本当のことは分かりませんし、あくまで私の個人的な意見となりますが、一連の出来事がすべて最初から仕組まれた売名だったのならすべてに説明がつくと思いませんか?実際、彼女はこの一連の出来事によって少なからず知名度を高めることができたのですから。

裁判を起こすことで注目を集め、機会を見て署名活動を始めそこでも注目を集めます。また、その矢先に今度は慰安婦発言で注目を集める。これはどうみても売名なのではないかと思ってしまうのは私だけではないでしょう。また、署名に関しても日本向けにまったくメッセージを出さずに海外へのアピールばかりしているのも売名だと感じます。SNSでも自分を良く見せようとする投稿で占められていますし、これが彼女という人物なのだと思い知らされます。

もちろん、売名であるという確証があるわけではありませんが、あれほど息巻いて裁判を起こしたにも関わらずあっさりと和解に応じて謝罪していることからも最初から目的は売名だったのではないかと疑ってしまいます。恐らく、私だけでなく多くの方が同じように考えているのではないでしょうか。

まとめ

吉松育美さんの不可解すぎる署名活動や反日慰安婦発言についてご紹介しましたが、やはり今考えてもおかしく感じることはたくさんあります。彼女が裁判を続けずにあっさりと和解に応じてしまったことがすべてを物語っているのかもしれません。結局、谷口元一氏は彼女の売名のためにいたずらに名誉を傷つけられ裁判などに時間をとられてしまっただけ、となったのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 大人の街として知られているのが目黒区です。近年は高級マンションも多く建築され、実際に住んでいる方もセ…
  2. エス&ケイ(株)は和菓子製造を行っている会社とも取引があります。その会社は、創業100年以上になる歴…
  3. R2(アールアール)は、烏丸 エステの中でも評判のお店です。完全予約制となっており、最寄り駅から歩い…
ページ上部へ戻る